株式会社 アステック エンジニアリング

全般

Q1. どのような機械を扱っていますか。

A. 充填やパッケージングの機械はもちろん、弊社ではプラントを設計から丸ごとお任せいただけますので、そこで使用される機械設備(コンベア・パレタイザーなど)ももちろんOKです。配管、電気も設計いたします。

Q2.ワインや焼酎、ミネラルウォーターの機械のみを扱っているのですか。

A. いいえ。たとえば充填機は、基本的に液体であれば同じ機構です。飲料はもちろん、油・調味料などにもお使いいただけますので、お客様の製品に合わせて提案いたします。パッケージング機械も同様です。

Q3. スパークリング設備もできますか。

A. はい。スパークリング設備の実績もあります。(「お客様の声」都農ワイン様参照)

Q4.自分たちでも機械を作っているのですか。

A. はい。お客様のご要望というのは毎回すべて異なります。用途・規模・予算など細かいヒアリングを行ない、さまざまな提案をいたしますが、製作するのがベストという場合もあります。もし「こんな機械があったらいいな」というアイディアがありましたら、ぜひお聞かせください。

Q5.他社の機械を見てもらえますか。

A. はい。これまでにも、多くのお客様から依頼を受け、国内製・海外製のありとあらゆるメーカーの機械を見てきました。自分たちで機械を設計・製作しているわたしたちだからこそ解決できることがあります。「改善の余地がありそうだけど…」と感じている機械がありましたら、ぜひ一度ご相談ください。

Q6.オーバーホールについて教えてください。

A. オーバーホールとは、機械をパーツレベルまでバラバラにして点検・整備を行ない、また元に戻す作業です。機械を長く大切に使うために、メンテナンスの一環として定期的に行なわれることをおすすめします。また、不具合箇所の改造を行い、生産効率向上も同時に行います。

Q7.メンテナンスはどのようにするのですか。

A. まずは充填ラインの診断をして、修理、改造などを計画的に改善をしていきます。定期的(年に3回~12回)に訪問にします。
なおオペレーターの方々にメンテナンスの仕方、各機器の取扱いなどを教育していくことも含まれております。