株式会社 アステック エンジニアリング

メッセージ
message

羽山紀裕

代表取締役
羽山紀裕

■プロフィール■
北海道登別市出身。
北海道大学工学部機械科卒業後、ビール会社へ就職。 2003年よりアステックの一員となる。
2010年代表取締役就任。
趣味はウルトラライトプレーン操縦、ゴルフ、釣り、 ドラゴンボート、ラジコンなどなど。

ごあいさつ

ボトリング関係の海外機の修理、改造を手掛ける事がアステックの始まりといえます。
海外機は数多く日本に納入されておりますが、日本仕様でないことで修理、部品調達、改造などで問題を抱えているお客様のお手伝いをさせていただいております。
その中での経験値より、ご要望頂いた機械を提供するため、お客様それぞれに合わせ海外機のカスタマイズや、オーダーメイド機の提案をさせていただきます。
その他にも充填ラインをはじめ、醸造機械、配管設計、電気設計など工場全般のエンジニアリングも行なっております。
アステックの理念は'お客様に新たな満足を提供する'ことです。アステックとの仕事を通し、私たちが提供するものが機械だけではなく、お客様の利益につながることを前提に提案をしております。
お客様の立場(経営者、担当者、作業者)になり、生産性の向上やコスト削減又、使いやすさ、作業者の技量向上につながる最適な提案を常に考えております。
お互いの信頼関係を築き、パートナーとしての存在になること、長くお付き合いしていただけるような仕事をしていく事が目標です。

お客様+アステック=INNOVATION(イノベーション)

アステックには営業はいません。設計者=現場スタッフ=ときどき営業。それぞれのお客様に担当エンジニアがつくというスタイルです。
商談から始まり、設計、制作、設置、試運転、アフターケアまでをひとつのフローとしてとらえ、エンジニアがすべて責任を持って対応しています。
これはお客様の現場状況を細かく把握で゛きるので、的確な提案とあらゆる要望に応えることができます。
アステックが提案している機器は、このやり取りの中でお客様(特に現場)からの要望や日常作業を通し、改良や改善をしてきたものです。
少量多品種生産での大変さから生まれたのが、LINE FREE3であり、型替えに時間と労力がかかるのをみて、マルチスターホイルが生まれました。その他にも使う人の立場で改良(味付け)された機械が多数あります。
すべてのお客様のニーズは違いますので、そのお客様のオーダーに応え、満足の行く機械に仕上げていくことが、アステックの仕事です。

仕事の理想

お客様には「担当者=アステック」と認識して頂く事を目標とし、自分自身という人間を知って頂く事。知識や技術力はもちろんですが、仕事への姿勢や人間性も理解して頂きたい。
「アイツ、なんか面白いな」
こう感じて頂けると、やりがいを感じます。
お客様からのご提案やその他の話を交え、自由な意見交換こそが、最善なソリューションへのヒントとなります。また、「お客様の為にできる事はないか?」という気持ちがいっそう強くなります。
「ひと」と「ひと」とのつながりの先にある。
それが私の考える「仕事」の理想です。