株式会社 アステック エンジニアリング

ゾーク
ZORK

ZORK(ゾーク)キャップは、
オーストラリアのZORK社によって開発された
コルクでもなく、スクリューキャップでもない、
まったく新しいタイプのワイン栓です。

Confidence ― ワインを守る確実性
Convenience ― 開けやすく再栓できる利便性
Contemporary ― 現代的デザイン

  • ZORKストーリー
    • ZORK社は、コルク臭や酸化の問題を解決するワイン栓を開発するため2002年にオーストラリアのアデレードで設立されました。
    • 2005年、3年以上の研究と開発を経てスティルワイン用STLキャップの商業ベースでの製造が開始され、翌年にはオーストラリアパッケージングアワードの金賞を受賞しました。
    • 2006年には、ワイナリーオブザイヤーに選ばれたことのあるDon Sebastiani & Sonsに採用され、アメリカ市場へ本格参入しました。
    • 現在ではオーストラリアに加え、アメリカとヨーロッパでライセンス契約による製造が行われています。
  • 製品
    • ZORKキャップには、スティルワイン用STLキャップとスパークリングワイン用SPKキャップがあります。
    • TCAによる汚染や香りの変化がなく、ワインの品質を守ります。
    • 低く、安定した酸素透過で確実な密閉性を実現します。
    • 丈夫で扱いやすいです。
    • 打栓は既存設備を利用して行えます。
    • 特徴のあるデザインで、多くの商品が並ぶ中でも目を引きます。
    • 安全で簡単に手で開けられ、再栓できます。
    • 開けたときに「ポン」という音がするようにデザインされています。ワインを開ける楽しみはそのままです。
  • STLキャップ
  • SPKキャップ
  • 環境への配慮
    • リデュース ― 製造において二酸化炭素排出量を減らす努力を行なっています
    • リユース ― キャップは飲み残した別のワインボトルの栓としてお使いいただけます
    • リサイクル ― 主な材質はポリエチレンでリサイクル可能です